MENU

【絶対に知っておくべき】ホームページ制作会社を比較する際のポイントを解説

ホームページ制作をプロに依頼すると、一定の品質を期待できます。そのため、ホームページ制作は自社で行わず、外注しようと考える方も多いでしょう。

しかし、一口にホームページ制作会社といっても、会社によって得意分野や費用が大きく異なります。

そこで本記事では、ホームページ制作会社を比較する際のポイントと、比較する前にしておくべき準備について解説します。

目次

ホームページ制作会社を比較する前にしておくべきこと

ホームページ制作会社を比較する前に、自社でしておくべき準備は次の3つです。

  • ホームページの開設・リニューアルの際の必要な情報の洗い出し
  • 社内でホームページのイメージの共有
  • RFPの作成

まずは自社が「どのようなホームページを作りたいのか」を整理します。なぜなら、制作目的の軸がブレていると、気になる制作会社をピックアップする際に、自社にマッチした会社を選べないからです。

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

ホームページの開設・リニューアルの際に必要な情報の洗い出し

ホームページ制作会社を比較する際、まずは必要な情報の洗い出しを行いましょう。ホームページの解説やリニューアル時に必要となる情報は、次のとおりです。

  • ホームページのターゲットを決める(ターゲットの選定)
  • ホームページの内容を決める(自社の製品・サービスをアピールしたいのか)
  • ホームページの目的を決める(ホームページを見た方にどんなアクションを起こしてもらいたいのか)
  • 競合他社のホームページをチェックして参考にしたいポイントを探す
  • 現在のホームページの欠点や改善したいポイントを書き出す
  • ホームページに必要な機能を選定する
  • 納期のスケジュール(最大のリミット)を決める

あらかじめ上記の情報を整理しておくと、自社にマッチした制作会社を絞ることができます。

社内でホームページのイメージを共有する

ホームページの作成が決まったら、社内で完成イメージの共有をしておきしょう。多くの社員から意見を吸い上げると、ホームページに記載される情報に漏れがないかの確認にもなります。イメージ共有を怠ってしまうと、以下のリスクが発生する恐れがあります。

  • 途中で変更すると修正費用が発生する
  • 途中で終わらないケースが発生する

それぞれのリスクについて解説します。

途中で変更すると修正費用が発生する

1つ目のリスクは、途中変更による修正費用の発生です。ホームページ制作の途中で内容変更となると、大規模な修正が必要になるかもしれません。ホームページの制作終盤に差しかかった段階での変更となれば、さらに時間と費用がかかります。

高額な追加料金と時間を発生させないためにも、社内共有をしてイメージのズレがないかを確認した後に、制作会社に依頼しましょう。

修正が終わらないケースが発生する

2つ目のリスクは、修正が終わらないケースの発生です。社内イメージの共有ができていないと、「ある部署の意見でデザインを修正したものの、上層部が反対をして修正が発生、しかしまた別の部署からの提案で修正となった」などと修正が続いてしまう恐れがあります。結果、いつまで経っても修正作業が終わりません。

RFPの作成

RFPとは提案依頼書を指します。ホームページの開設・リニューアルの目的や要件などをまとめた資料のことです。RFPは発注者が作成し、ホームページ制作会社と必要な機能や情報を共有するために使用します。RFPを作成するメリットは、次のとおりです。

  • 要件や要望を忘れずに伝えられる
  • ホームページ制作会社にあらかじめ送付すると、打ち合わせの時間を削減できる
  • 認識のズレが少なくなる
  • 複数のホームページ制作会社に見積もりをする場合、商談の時間と労力が省ける
  • 情報伝達の漏れが少なくなる

RFPがあると常に軸がブレず、求めている制作内容を明確にできます。RFPを作成せずに制作会社を選定すると、選定基準にブレが生じ、要望と異なる制作会社を選んでしまう可能性があります。

なぜ制作会社の比較前に下準備が必要なのか 

下準備をしていないと、そもそも制作会社を選定できません。RFPの作成や必要な情報の洗い出しは、自社や顧客傾向の分析につながります。自社の傾向が曖昧なまま制作会社を決めても、自社の要件をきちんと伝えられず、失敗する可能性が高くなるでしょう。

要望するホームページ・納期・予算といった条件を明確にしないと、制作会社選びも路頭に迷ってしまいます。

ホームページ制作会社の比較でチェックすべき5つのポイント  

ホームページ制作会社の比較でチェックすべき注意点は、次の5つです。

  • 値段で品質が変わる可能性がある
  • 社員数・会社の設立年の確認
  • サイト公開後のサポート体制の確認
  • 担当者との相性の確認
  • 制作会社からの提案書の確認

それぞれのチェックするべきポイントを確認して、スムーズに比較できるようにしましょう。

値段で品質が変わることがある

ホームページのような無形の商材は、ほかの制作会社との比較が困難です。ホームページは基本的な原価が人件費となっており、安いのは人手を削っているためと考えられます。そのため、コストの低さを理由に依頼する場合は、それなりの品質になると頭に入れておく必要があるのです。

コストを重視する場合は、金額で制作会社を選定しても問題ありません。しかし、値段よりもクオリティを重視する場合は、安過ぎるところは避けたほうが無難です。

ホームページの相場は、トップページ制作料、トップページ以外のコンテンツページ、簡単更新システムを含めて35万円〜80万円の範囲といわれています。この相場をあまりにも逸脱する場合は、その理由を確かめる必要があるでしょう。

社員数・会社の設立年の確認

Web業界は、ほかの業界に比べて参入障壁が低いがゆえ、生存率が低く、頻繁に新規設立と倒産が繰り返されています。実際に依頼していた業者に電話したものの電話が繋がらない、オフィスがすでにないなどの事例も報告されています。

2020年に実施した東京商工リサーチのデータによると、Web制作会社が分類されている情報通信業の倒産数は、2019年は358件、2020年は279件です。ベンチャー企業が多いWEB業界ですが、ベンチャー企業の生存率は創業から5年後は15%、10年後は6.3%、20年後は0.3%となっています。

また制作会社の従業員数の平均は30名〜50名ほど。ベンチャー企業が多数を占めるWeb業界において、一概には言えませんが、社員数・会社の設立年の確認をして、倒産リスクをチェックするようにしましょう。倒産すると多額な被害とコストを背負うかもしれません。

サイト公開後のサポート体制の確認

ホームページ公開後は、定期的にホームページの更新、必要があればコンテンツを追加する必要があります。しかし、格安のホームページ制作会社では、サポート体制が脆弱な可能性があります。

サポート体制が整っているかどうかの判断材料は、以下の通りです。

  • サポート窓口が用意されている
  • サイト公開後の更新についてしっかりと説明されている

制作会社の選定時、サイト公開後のフォロー体制・頻度・費用についても確認しましょう。サポート体制が整っていないと、せっかく作成したホームページが放置状態になるかもしれません。

担当者との相性の確認

ホームページ制作は、一般的な企業サイトでおよそ3ヵ月〜4ヵ月(30ページ前後の場合)、大規模なものになれば半年はかかります。その間、デザインや原稿のチェックは担当者と行います。

担当者と相性が悪いと、スムーズなコミュニケーションが取れなかったり、説明がわかりづらかったりといった事態が発生してしまうでしょう。

次のような点を感じたら、担当者と相性が悪いといえます。

  • 会話のテンポが合わない
  • 重視している部分が違う
  • 意思疎通がとれない

担当者との相性が悪いと感じたら、変更をお願いするか、別の制作会社への依頼を検討しましょう。また、制作会社によっては営業担当と案件担当が別の場合もあるため、事前にチェックをしておくと安心できます。

制作会社からの提案書の確認   

ホームページ制作会社は、企業の要望を聞き取り、提案書を作成します。制作会社の本気度は提案書に表れ、業務の比重度がわかります。明らかにテンプレートとわかる提案書であれば、提案の準備に時間を割いていない可能性が高く、熱量も低いかもしれません。

確認ポイントは以下の通りです。

  • 一方的な制作会社の自己紹介
  • 一般論ばかりで、RFPの内容が反映されていない

上記の傾向が見られた場合は、別の制作会社を選定することをおすすめします。

ホームページ制作会社にとって優良顧客となろう

依頼者は、ホームページ制作会社を選ぶ立場です。それと同時に、ホームページ制作会社も会社を見て、担当者や、時間配分などを考えています。つまり、依頼側も見られているのです。制作会社側から優良顧客と印象を抱かれると、業務にかける比重が高くなるでしょう。

優良顧客と思われるポイントは以下の2つです。

  • 依頼準備をしっかりと行う
  • RFPを丁寧に作り込む

それぞれのポイントについて解説します。

依頼準備をしっかりと行う

ホームページ制作会社は、依頼準備をしっかりしている企業を優良顧客と判断します。

「何でもいいからこの予算内で作って欲しい」

このような曖昧な依頼では、ホームページ制作会社は作成に取り掛かれません。少なくとも次の3つは必ず決めておきましょう。

  • 目的:ホームページを作ろうと思った理由
  • 予算:予算の上限
  • 納期:いつまでにホームページがほしいのか、具体的に

制作会社にすべてを委ねる依頼はやめましょう。

RFPを丁寧に作りこむ

RFPを丁寧に作り込むと、プロジェクトに対する熱意が伝わり応援したいと思ってもらえます。「どうしても事業を成功させたい!」「よいホームページを作りたい!」といった気持ちが伝え、熱量の伝わる資料を提示すれば、制作会社には応援の気持ちが芽生え、より依頼者の立場に寄り添った提案がされるでしょう。

また、RFPを作りこむと、効率的に商談が進むというメリットもあります。

比較ポイントを押さえて自社に合ったホームページ制作会社を選ぼう

この記事では、ホームページ制作会社を比較する際のポイントについて紹介しました。今回解説した比較ポイントを押さえると、納得の行く制作会社を選定できます。また、ホームページ制作前に事前準備を行っておくと、高品質なホームページに仕上がる可能性も高まります。まずは、本記事で紹介した「比較前に自社で行うべき準備」からスタートしましょう。

SeekNext合同会社では、クオリティが高いホームページを適正価格で提供しています。お客様の要望に沿った適切な提案から作成・運用までを一貫して行っています。依頼先で困っている方は、ぜひ一度お問合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

佐藤潤嗣のアバター 佐藤潤嗣 SeekNext合同会社 代表

福岡県のホームページ制作会社の代表。システム会社、ホームページ制作会社に勤務した後、SeekNext合同会社を立ち上げる。福岡を中心に全国のサイト制作・運用に携わっており、実績は100を超える。
大手メディアサイト「比較ビズ」などの監修者も務めており、制作関係なら何でも相談して下さいの精神で活動している。

コメント

コメントする

目次